楽天モバイル ベーシックプラン ~ユーザーの口コミ・評判~

楽天モバイル公式ホームページ

MVNO名:楽天モバイル
会 社 名:楽天株式会社 楽天モバイル事業

ベーシックプランの評判

  • ◎スピードが遅い感じはするものの今のところ問題なく使えている
  • ◎あと何ギガ使えるとか制限解除されるまであと何日とか、そういったことを気にしなくていいのはメリットに感じる
  • ◎元々LINEやTwitterくらいしかやらないので不便はない
  • ◎自宅はwifiがあるので動画を外で見ないようにすれば大丈夫
  • ◎通話の感じもキャリアと変わらないし変えて本当によかった
  • 楽天でんわってのがいいみたい
  • ◎PC版のホームページを開くと重くて開かないけどスマホ版の簡素なページならけっこう見れる
  • ◎繋がりにくいといえば繋がりにくい。ただ金額が金額なので妥協はしてる
  • ◎LINEの無料電話をつかっているが聞き取りにくいかったり遅れて聞こえてきたり

楽天モバイルの料金体系

支払手数料 一括払い 分割払い
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

ベーシックプランの特徴

ベーシックプランとその他のプランの違いは『通信速度と速度制限』です。

通常は下り最大262.5Mbps、上り最大50MbpsとLTE回線を最大限にいかした高速通信の楽天モバイルですが、規定容量に達したとき、もしくは3日間で以下の容量に達したときは速度が大幅に規制されます。

3日間あたりの高速通信容量
3.1GBプラン 540MB
5GBプラン 1GB
10GBプラン 1.7GB

制限を受けている間は通信速度は上下ともに200kbpsに制限されます。
データ容量をたくさん消費するからと10GBのような大きいプランを選んでも、3日間で大量にデータ通信を行うと制限を受けてしまうわけです。

一方で、ベーシックプランはこれらの速度制限とは無縁です。なぜなら速度が常に200kbpsに設定されているからです。つまり常に低速時の速度でしか通信できないため、速度制限そのものがないのです。ある意味、完全無制限に使えるプランといえるわけです。

ベーシックプランを使うのにおすすめの人

速度が遅いなんて意味がないよと思われるかもしれませんが決してそんなことはありません。

まず大前提としてスマホを最安価格で維持できることは大きなメリットです。

ベーシックプランはデータSIMなら月額525円、通話SIMでも月額1,250円と激安料金となっています。2台目3台目のスマホを維持しておきたい人にはぴったりでしょう。

また速度が200kbpsであっても大抵のことはできます。テキストベース(画像がそれほど多くないサイト)のネット閲覧なら問題なくできますし、メールやSNS程度ならそれほどストレスなく見れます。動画や画像をたくさん見るような使い方をしない限り、ベーシックプランでも問題なく使えます。

さらにWi-Fiと併用することもあるでしょう。家では固定回線にWi-Fi経由で接続、外ではポケットWi-Fiか公衆無線LANなどに接続すれば大容量データの通信は問題ありません。要は使い方次第です。

楽天モバイルは格安スマホの中でももっとも人気がある中のひとつです。最大手でありいま人気急上昇中です。中でも通話SIMのベーシックプランの評判が高いのでいろいろと口コミなどを集めてみました。料金が分かりにくいという声も多いのでできるだけ噛み砕いて解説していきたいと思います。 通話SIMといえってもデータ容量は選べます。3.1GB、5GB、10GBと自分が月につかう容量によって選ぶことができるのでムダなお金を払わなくいいのが利点です。おまけにSMS機能をつけるかつけないかなども選択できるのです。 あとは電話をよく使う人はベーシックプランに加えて電話かけ放題オプションも魅力的です。電話番号をいまの090・080の番号そのままでMNPすることもできますしキャリアにしておくメリットというのはだいぶ薄れてきています。ここで紹介している楽天モバイルのプランをみてみて気になったらぜひとも公式ページのほうを見てみてください。ネットから申し込みするだけで契約できるのでとっても便利です。
ページのトップへ戻る